ケアンズの絶対行きたい人気の観光スポットおすすめ4選

オーストラリアは、旅行先、留学先、ワーキングホリデー先として日本人から圧倒的な人気を誇っています。

中でも、オーストラリアのケアンズは、とにかく日本人が多く、空港にも日本語の案内が書いてあるなど、日本人旅行者に優しいので旅行先として人気を集めています。

また、ケアンズには、ぜひ一度は行って欲しい観光スポットがたくさんあります。

今回は、ケアンズの気候や、おすすめの観光スポットをご紹介します。




ケアンズの気候は?

ケアンズは、1年を通し暖かい気候です。

6月〜8月は、オーストラリアで言えば冬ですが、冬でも温暖で最低気温は16℃前後です。

夜は少し肌寒くも感じますが、半袖でも十分に外を歩けるような温度です。

12月〜3月はオーストラリアで言えば夏です。

夏であるとともに雨季でもありますが、日本の梅雨のように1日中雨が降っているということは少なく、1日の中でも天気が変わりやすいです。

夕方は激しいスコールに襲われることもあります。

オーストラリアでは、あまり傘を持って出かける習慣がないので、雨が降っていても傘をさしている人は少ないんですが、雨季には念のため傘を持って出かけるのが良いでしょう。

ケアンズは、1年を通して過ごしやすい気温なんですね。


ケアンズといえば「グレートバリアリーフ」

グレートバリアリーフは、オーストラリアの世界遺産にも登録されており、人気な観光スポットです。

グレートバリアリーフは、世界最大級の珊瑚礁地帯で、900以上もの島が連なっており、グレートバリアリーフだけで日本よりも大きいんです。

とても広大で、場所によって全く違う景色を楽しむことができるのが魅力です。

深い青色の水からエメラルドグリーンの水に変わる境界線がはっきりしていたり、上から見ても珊瑚礁の場所がわかるほどの水の透明度で、感動しますよ。

グレートバリアリーフの中でも1番人気なのが、グリーン島です。

グリーン島は、グレートバリアリーフの玄関口とも言われています。

グリーン島は、ダイビングなどの泳ぐことはもちろん、潜水用のヘルメットを着用しての海中散歩をするシーウォーカーやパラセイリングを楽しむこともできます。

グリーン島のツアーには、日本語が通じるガイドさんも多いので、安心ですよ。

また、ハミルトンもグレートバリアリーフの人気スポットの1つで、カップルや夫婦が多く訪れます。

その理由は、ハートの形をした珊瑚礁「ハートリーフ」があるからです。

カップルや夫婦でハートリーフを見ると、幸せになると言われています。

ハートリーフを見るためには、ヘリコプターやセスナを使用しなければなりませんが、この機会にぜひ見てみてください。


ケアンズの熱帯雨林「キュランダ」

キュランダは、オーストラリア原住民のアボリジニの文化や、固有の動植物に触れることができる場所で、世界遺産にも登録されていますね。

キュランダと言えば、熱帯雨林というイメージが強いと思いますが、キュランダ鉄道、水陸両用車アーミーダック、コアラガーデン、アボリジニのダンスショーなどたくさん楽しむことができます。

熱帯雨林では、オーストラリアならではのユニークな植物がたくさん見られます。

また、スカイレールに乗って、上空から熱帯雨林を眺めるのもいいですね。

キュランダ鉄道は、『世界の車窓から』でもお馴染みな急斜面や切り立った崖、雄大な滝など、熱帯雨林の風景を思う存分堪能できます。

わたしも行きましたが、特に鉄道好きではありませんが、窓が空いている電車に乗ることは滅多にないと思うので、鉄道大好きという人でなくとも楽しめると思います。

自然が多くて癒しの空間です。


ケアンズのビーチ「フォーマイルビーチ」

フォーマイルビーチは、ケアンズ周辺で最も長く、美しいと言われているビーチで、4マイル続くビーチという意味でフォーマイルビーチと言うんだそうです。

ポートダグラスのフラッグスタッフ展望台から全貌が見下ろせます。

フォーマイルビーチは、天然なビーチで、ワニやクラゲが出るかもしれないとの看板が立っていたのを覚えています。

そのためフォーマイルビーチは、泳ぐのではなく、眺めて散歩するのにとても良い場所です。

泳げないためなのか、人も少ないためビーチでのんびりとくつろげます。

ケアンズの街を観光するなら「エスプラネードラグーン」

エスプラネードラグーンとは、海の近くにある無料の市営プールです。

市営プールと言ってもとてもおしゃれな空間で、人口砂浜ゾーンがあったり、プールのそばには芝生があります。

ケアンズには、市内に泳げる海が1つもないため、エスプラネードラグーンは、貴重な憩いの場になっています。

浅い場所もあり、昼間はライフガードもいるため、お子さんから大人まで楽しめるので、家族旅行におすすめです。

夜には、ライトアップされるので、昼とは違ったロマンチックな雰囲気になり、カップルや夫婦で賑わっています。

海を眺めながら、プールに入るのも新鮮でいいですよ。


執筆:ライターKさん

シドニーにある世界最大級のフィッシュマーケット

シドニーのワーキングホリデーで仕事を見つけるには?

シドニーの絶対行きたいおすすめ観光スポット5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする