アメリカの卒業式体験記~ガウンについて~

アメリカの卒業式って下の写真のような制服着てるのドラマとかで見ますよね。

アメリカの卒業式~ガウンについて~

わたし自身の体験ですが、卒業式当日、学校に行くとこの制服がばーっと並んでいて「はいみんなきてくださーい」という感じでした。(事前に数十ドル払ったような。。。すみません記憶が曖昧で)なので、中に着ているものはさほど関係ありません。とは言え一応晴れの日ですからワンピース着たりなんかして行ってみました。自由の国アメリカですから、結構ラフな格好の人もいたとおもいます。

行ってみてあっ、そういうこと?毎年着回し的な?ということを知りました。

そして日本もそれでいいよねと思いました。高いお金出して各人衣装買わなくても、毎年使いまわしで十分ですよ。

ちなみに私は二年制大学だったので、多くの人はこの後四年制大学にtransferします。なので、一旦二年の区切りの卒業式という感もありました。アメリカは大学の編入が結構普通に行われているんですよね。最初は地元の短大に、その後都会の四大にとか、途中で専攻を見直して編入とかですね。

それにしてもなんでかこの卒業式の制服格好よいですよね。そう思うのは私だけかな?!安くてかっこいいなんていいやん!と思った思い出でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする