旅行中の便秘の原因と対策・薬・おすすめの解消法をご紹介します

みなさん、旅行中に便秘になることってありませんか? 完全に私事ではありますが、もともと私は快便なほうでした。ただ、年のせいなのか、だんだん旅行中は便秘になるようになってしまい、何気に旅先で苦労をしております。特に女性はそもそも便秘に悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。そんなわけで旅行中の便秘の原因と解消法について経験や調査した結果をご紹介していきたいと思います。



旅行の中でも特に海外に行くとトイレを探すこと自体も難しかったり、探せたとしても有料であったり、何かとトイレ事情は一苦労ですよね。そして日本みたいにきれいなトイレではない場合も多いですから、なかなか大変です。留学経験や様々な海外旅行経験を一応している私個人的には日本の素晴らしいことTOP10に「きれいなトイレ環境」がランクインすると思っています。

旅行中の便秘の主な原因

水分不足

旅行中は歩くことが多くなると思います。これ自体は快便生活にとってとてもよいことです。ですが、それ以上に水分が失われています。のどが渇いたなと思ったころにはもうだいぶ水分不足になっているそうです。水分補給は、こまめに、のどが渇いたなと思う前には飲むようにしましょう。水分側では便も硬くなってしまいます。

睡眠不足

旅行中はついつい遅くまで出歩いてしまい、お友達と遅くまで話したりして、睡眠サイクルが狂ったり睡眠時間が短くなったりしがちですよね。睡眠不足が続くと腸の活性化が妨げられることで便秘に繋がりやすいといわれています。

ストレス

旅行は本来楽しいことではありますが、旅先では新しい土地や寝床の変化など環境の変化が伴います。これは知らず知らずのうちに身体にストレスを与えており、自律神経が乱れ、便秘の要因となります。



旅行中の便秘対策として気を付けること

食事

ついつい好きなものや現地のものを食べてしまいますが、食物繊維を忘れずにとるようにしましょう。日ごろから気を付けることと一緒ですね。また、現地でヨーグルトや乳酸菌の入った食べ物を調達し、朝や夜に取り入れることも効果的です。

歩く

こちらも日ごろから気を付けることと同じになりますが、歩くことで腸の運動が盛んになります。現地の景色を眺めながら歩く時間を一定数確保するように心がけましょう。

トイレの時間を確保する

旅行中は一人旅行でない限り、たとえホテルだとしてもトイレをお友達と共有したり、出先でも待たせてはいけないと考えたり、移動時間のスケジュールもある程度決まっていたりするかもしれません。ですが、こういうことの積み重ねで特に長期旅行の場合は、便秘が悪化していきかねません。朝食の後は少し時間に余裕をもつなどして、トイレ時間をしっかり確保しましょう。



旅行中のおすすめ便秘対策(お薬・サプリ編)

新ビオフェルミンS錠

新ビオフェルミンS錠 引用元:ビオフェルミン製薬株式会社 公式HP

Sは生後3か月の赤ちゃんから妊婦さんでもOKな医薬部外品の整腸剤です。お腹が痛くなることもなく自然に便が出るようになるためとってもおすすめです。

ウィズワンエル

植物性便秘薬 ウィズワンエル 食物繊維+生薬 引用元:ゼリア新薬 公式HP

腸のぜん動運動を高める生薬成分センノシドのほか、食物繊維、乳酸菌などを含む。指定第2類医薬品。

(出典:日経ヘルス18年4月号)

こちらもお腹が痛くなりにくく、おすすめです。

旅先の便秘対策:最後に

強い便秘薬(某スルー●ックなど)は個人的にはかなりおなかが痛くなり、急にもよおす経験があり、おなかが強くない方にとっては旅先では副反応が強すぎるかなと思います。すぐにお手洗いに行けない可能性もありますからね。

旅先で便秘になりがちの方は、便秘の具合ももちろんひとそれぞれで異なってきますので、ご自分の身体と相談しながら、旅先での対策をしておきたいですね。