ビジネスクラスに格安で乗る裏ワザまとめ~早割り・路線絞り・ANAマイルなど

広い席に、エコノミーでは味わえないおもてなし。一度は乗ってみたいのがビジネスクラス。でも運賃が高くて気が引けてしまいますよね。

しかしこれを読めばビジネスクラスも夢じゃない!徹底的に裏技を伝授します!




ビジネスクラスに格安で乗る方法~早割~

周知の事実かもしれませんが早割りを利用するのは鉄則です。同じビジネスクラスでも時期によりランクが異なり、基本的に出発時期が近くなればなるほど運賃は高くなります。

当然のことながら、航空会社としてはフライトが満席になるのが望ましいもの。ゆえに、早めに予約を入れてもらえることを喜びます。その特典として、“早割料金”を設定している航空会社が多く、渡航の数ヵ月前に予約することでビジネスクラスでも通常料金よりもずっと安くチケットを購入できます。早割の場合、金額が安くてもマイレージの付与率は変わらないか、大きな差ではないことが多く、お得。数ヵ月先の予定を見通してプランを立てることができるのであれば、早割の利用がおすすめです。

ビジネスクラスに格安で乗る~路線を絞る~

様々な航空会社がありますが、なかには航空会社や路線によってビジネスクラスでも比較的リーズナブルな価格で乗ることができる場合があります。

日系のJALやANAは普通運賃が高いイメージがあることでしょう。ビジネスクラスも同じで、普通運賃が高ければ同じようにビジネスクラスも他の航空会社より高くなることが多いです。また日本発で考えると北米、欧州など遠方に拠点がある大手航空会社のビジネスクラスの航空券は値段が高いことが多いです。一方でビジネスクラスの安い航空会社はアジア近辺に拠点がある航空会社です。特にこの5社はおすすめ。香港航空(香港の航空会社)、キャセイパシフィック航空(香港の航空会社)、大韓航空(韓国の航空会社)、アシアナ航空(韓国の航空会社)、チャイナエアライン(台湾の航空会社)。香港、韓国、台湾など近場に行く際はぜひビジネスクラスを検討してみるのもありかもしれません。

また、JALやANAが日本を拠点に世界各国に就航都市があるように、この5つの航空会社にも自国⇔日本の路線だけでなく、世界中に就航都市があります。例えばキャセイパシフィック航空ならオーストラリア(シドニー)、イギリス(ロンドン)、フランス(パリ)へ行けます。チャイナエアラインではハワイやオーストラリア(シドニー)行きもあります。



ANAビジネスクラスにANAマイルで格安で乗る

「マイルを貯める」、「マイラー」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。でもいまいち何か分からない、種類が多くてどれを選べばいいか分からない、そんな人も少なくないのでは?。そこで「ビジネスクラスに格安で乗る」ことに焦点を置いて一番おすすめであるANAマイルについて簡単に説明します。

前提としてANAに限らずマイルを使った特典航空券は、マイルを貯める必要があるためビジネスクラスに格安で乗るという夢を叶えるためには時間がかかります。ただその中でも比較的に貯めやすく、夢の実現が早い方法として旅好きの中でもANAマイルは有名です。

ANAマイルを貯める方法

どのように貯めるのかというとこの5つです。

①ANAやANAも加盟しているスターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機に乗る。
②マイルの還元率の高いクレジットカードを日常のショッピングで利用する。
③ポイントサイトに登録してマイルを貯める。
④クレジットカードの入会キャンペーンを狙ってカードを作る。
⑤マイルを購入する。

①はなんとなくイメージがつくと思います。ANAやANAも加盟しているスターアライアンスに加盟している航空会社のフライトを利用すればその分マイルが貯まるのは普段利用するであろうスーパーやコンビニ、美容室などを利用するとポイントが貯まるのと同じ原理です。この5つの中でも②と③は特におすすめです。②に関しては、マイルの還元率が高いカードでおすすめなのが「ANAアメックスカード」。還元率が高いことに加え、空港ラウンジが利用できたり、海外旅行保険が付帯されていたりと海外旅行好きにはぴったりのカードです。③に関しては、「モッピー」というポイントサイトがおすすめ。サイト内の広告案件をこなすと(各種条件のクリア)ポイントが貯まります。そのポイントをマイルに換えることができる仕組みになっているサイトです。



ビジネスクラスに追加料金で安く乗る

エコノミークラスからビジネスクラスに追加料金を払って搭乗することを「アップグレード」と言います。アップグレードにはいくつか条件があり、その条件をクリアしていないとアップグレードできません。条件としては同じエコノミーのチケットでもあってもアップグレードできるものとできないものがあったりもします。アップグレード方法は航空会社によって異なります。WEBチェックインの際にアップグレードできるものや、空港チェックインカウンターでできることもあります。

例えば、トルコ航空やルフトハンザドイツ航空は当日、ビジネスクラスに空席があれば、追加料金の支払いでアップグレードが可能です。長距離路線の場合アップグレードは5万円~10万円くらいと時期や状況で変動がありますが、最初からビジネスクラスのチケットを購入するより安い場合があります。またANAやJALもアップグレードができる航空会社一つです。北米・ヨーロッパなど長距離路線の場合は4~5万円でアップグレードが可能です。こちらもかなりお得だと思います。ぜひ当日空港でアップグレードできるのか聞いてみてくださいね。

いかがだったでしょうか。

意外とビジネスクラスが手の届く位置まで来たのではないでしょうか。ぜひビジネスクラスに乗りたい方は試してみてくださいね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする