中国の特殊メイク”鼻ワックス(粘土)”で鼻を高くする!話題沸騰

「世界の果てまでイッテQ」でイモトさんが紹介していた、中国で鼻を高くしたい女子に話題の「鼻ワックス」。あんな変身メイクやってみたいなぁという思いがしたので調査してみました。

中国特殊メイク(粘土)話題の鼻ワックスとは

アジア人にとって西洋の方のように高い鼻に憧れることがありませんか。そんな鼻筋の通った高い鼻になれる特殊メイク用のワックスがあり、これが整形しなくてもメイクで大変身を遂げたい女子たちに話題です。

粘度のような粘り気とある程度の硬さをもつロウということですね。ハロウィーンの傷メイクなどを作るときにも使われるもので、うまく皮膚につけて形を整え、本物のように見せます。


中国特殊メイク(粘土)話題のワックス 鼻を高くするコツ

ある程度温かくすることで伸びをよくすることができるようです。そして、やはり本物の鼻のように見せるためには、つけ鼻と皮膚の境目はなるべく薄く塗り、コンシーラーやファンデーションでぼやかしていきます。

ただコツと申しましたが、実際はやはり硬いロウあるいは粘度といったところなので、全体的にかなり厚めのメイクにして、例えばライトをたくさん当ててぼやかして見せるなどして写真を取るというのが現実的なようです。

中国特殊メイク(粘土)話題の鼻ワックスは痛い?

鼻ワックスは別名メイクアップワックスとも言われておりますが、別の鼻ワックスもあります。これは、鼻毛を一気にバッと抜く方の「鼻ワックス」ですね。こちらは痛いです(笑)特殊メイクの鼻ワックスは痛くはありません。

ちなみに話は変わりますが、鼻毛処理の方の「鼻ワックス」を一度したことがあるのですが、これはこれでメリットとデメリットがありますね。


メリットは本当に鼻毛が抜けてとっても鼻の中が綺麗になるということです。一方デメリットはまずは痛い!ということですね。一瞬ですが。そして鼻の穴全体の処理と鼻の穴のいりぐちふきnのハーフ処理と選択肢があるのですが、私はハーフ処理でも毛がなくなることで鼻水がたらーっと流れてくる辛さがありました。花粉の時期なんかはやりたくないなと思いました(笑)

中国メイク 話題の鼻ワックス 最後に

鼻の高見えとしての鼻ワックス、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。ただし、鼻毛用の鼻ワックスという別の商品がありますので、こちらお間違いのないように。